プレミアムホホバオイルをお届けするサンナチュラルズオンラインショップ

オイルの種類で違う!? 【油焼け&酸化しにくいオイル】


オイルの種類で違う!? 【油焼け&酸化しにくいオイル】

肌質に関係なく、多くの人に取り入れられているオイルケア。

しかし、その一方で「油焼け」を気にしている人も少なくないようです。
油焼けとはどんな症状なのか、詳しい原因とオイルの種類をあわせてご紹介します。

油焼けって何?

油焼けとは、油の酸化が原因で肌がくすんだり、シミなどの色素沈着を起こす症状のこと。
この症状は、主にオイルの不純物が原因だと言われています。

不純物を含んだオイルは紫外線によって酸化しやすいため、肌が焼けたように色素沈着を起こしてしまうのです。
かつてはミネラルオイルやワセリンなどで問題視されていましたが、現在では精製技術が進歩したため、不純物が含まれる化粧品は少なくなってきました

しかし、化粧品を手作りしていたり、オイルをそのまま肌に塗っている人は注意が必要です。
オイルには酸化しにくいものと、酸化しやすいものがあり、使い方を間違えてしまえば油焼けを引き起こしてしまう危険性があるのです。

酸化しやすいオイル

ヘアケアに使える!

酸化しやすいオイルには、グレープシードオイル月見草オイル馬油ローズヒップオイルボラジオイルアマニ油などがあります。
これらは酸化しやすく、紫外線を浴びると油焼けのリスクがあるため、日中を避けて夜専用にしたほうが良いでしょう。
夜のケアに使ったら、朝に洗顔をして落としておくことも大切です。

ただし酸化防止をした上で売られている化粧品もあるので、気になる場合はメーカーに問い合わせてみましょう。

酸化しにくいオイル

酸化しにくいオイルには、ホホバオイルアルガンオイルオリーブオイル スクワランオイルココナッツオイル椿油などがあります。
これらは常温保存でも酸化しにくく扱いやすいという特徴があります。

ただし強い紫外線を浴びれば当然のように日焼けをしてしまいますから、日焼け止めを塗る、日傘やストールを使うことも忘れないでおきましょう。

オイルを使う時・選ぶ時の注意点

オイルと言っても、適した使い方や効能はそれぞれ違います
スキンケアのタイミングに応じて、オイルの特徴を活かした使い分けを心がけましょう。

また、酸化のしやすさに関係なく、古いオイル精製度が低いものは肌に悪影響を及ぼす恐れがあります。
そのような点もチェックして製品を選ぶことも大切です。

できるだけ新鮮なもの、精製度が高いものを選んで、美肌キープに繋げてくださいね。


  • 3倍
  • ピュアホホバオイル大容量特別価格キャンペーン
  • クレンジング祭り
  • お買い物でプレゼント
  • ツヤと潤いの美容液
  • 美白シリーズ
  • 定期

【大雨の影響による配送遅延について】

西日本を中心に発生した豪雨におきまして被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

大雨の影響により、全国的にお荷物のお届けができない地域や配達の遅れが生じております。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

新商品のご紹介 -New Item-

SIKI PR

おすすめのご紹介 -Recommend Item-


スペシャルコンテンツ -Special contents-

     

ホホバの読み物 -Jojoba Contents-